logo

ONE TEAM OHTAで

ONE TEAM OHTAで

ONE TEAM OHTAで

昨年末にスリッパへのロゴの刺繍を施しました。
持ち込みのスリッパは布地がフカフカとして厚みがあり、
出来上がってしまっているスリッパは、やり難い部類に入ります。
(市販のスリッパ刺繍は布地の段階で刺繍されています。)
加えて刺繍位置も端っこだったので、ハードルの高い刺繍でした。
がしかし、実際刺繍してみると思いの外、綺麗に仕上がり
案ずるより産むが易し!と思っていたら
女性用の小さなスリッパでは、
使用していた枠が入らない事に気がつき
ワンサイズ下の刺繍枠にしようと思ったのですが
それでは刺繍サイズが男性用よりも
半分くらいの大きさになってしまい
作業を中断せざるを得なくなってしまいました。
刺繍の枠はオーダー品なので
ミシン屋さんに注文してから一ヶ月は掛かかり
それでは納期に間に合わない!
同業者に尋ねようにももう暮れの28日では
どこもやっていないし
どうしたものかと考えあぐねていると
小さい方の枠をカットするしか無いと思い、
そして真っ先に浮かんだのが
以前の店の近くで精密機械を営んでいたKさん。
Kさんは80才をまわる機械職人さんだが
電車の車両のある部分を作っていて
それが他所では出来ない精度の高い仕事なので
引退したいが、発注先が辞めさせてくれないと
話していた腕のいい職人さんなのです。
急いで自転車で下丸子に向い
留守ならもう諦めるしかないと思いつつ、
工場近くに来るとガラス戸に明かりがついていて、それを見てホッ
そして事情を話すと快く引き受けてくれました。
電動カッターに向かってフリーハンドで刺繍枠を動かしていくと
金属が擦れるもの凄い音と共に金属の粉雪が部屋中に舞い上がった。
素手でやっていたので作業の後で聞いてみると
手袋は手が引き込まれると危険なので
素手で作業するのだと話していました。
カットされ手渡された枠はとても熱くて驚きました。
作業を止めてやって頂いたので
大変に申し訳なく思っていたが
これ以上時間を頂いては申し訳ないので
お礼を言ってから帰って来ました。
直ぐに作業に取りかかると
枠の一部が欠けているにも関わらず
スリッパをしっかりと固定し
なんの問題もなく綺麗に仕上げられました。
Kさんの協力のお陰で無事納品する事が出来きました。
ありがとうございます。
大田区には心意気も腕も素晴らしい職人さんが一杯います。
いつかまたONE TEAM  OHTAで

 

見積もりバナー 問い合わせバナー

電話番号

電話番号