ロゴ刺繍

ロゴ刺繍

私の子供の頃は母が自宅で横ブリミシンを踏んでいたので
糸切りや服のタタミなど手伝わされていた。
当時は会社のユニフォームに入れる
ロゴ刺繍は全て職人の手書きだった。
円を書くのもミシンにコンパスを取り付けて描いていた。
四角いデザインだと洋服を右に振ったり
左に振ったりして、手間を掛けて刺繍していた。
母は中でも「ひし形は形が取り難い」と言っていた。
どれひとつ取っても同じ形のものはなく、
いつも完成したひし形が納得いかない様子だった。
私は当時から会社のロゴを多数見てきたので
ロゴに関しては、ひとしおの思い入れがあり
型起こしに関しても拘りがある。
「ロゴの女王」と言われるくらいになりたいと思っている。

見積もりバナー 問い合わせバナー