佐藤可士和展・新国立美術館

佐藤可士和展・新国立美術館


新国立美術館で開催されている
佐藤可士和展に行ってきました。
展覧会の事をラジオで知り
家を出る前から、心踊らせ参りました。
40分待ちで入場しましたが
期待どうり、素晴らしい展覧会でした。
彼は日本のアンディーウォーホールですね!
企業ロゴのモニュメントや、
壁一面敷き詰めた、おびただしい数のパッケージデザインは圧巻でした。
いつもお世話になっている、
今治ロゴも展示されていました。
私の中では、今治ロゴはこれ以上のものはないと思っていて
これ、生まれてくれて、ありがとうといつも感謝しております。
追記
会場の入り口のところで、なにやら撮影をしていたのですが
よく見ると草刈正雄さんがおりました。
背も鼻も高くて、本当にかっこいい方でした。
写真右側に小さく写っております。
最後の写真ですが、
会場を後にして歩いていた時に、道端で見つけた
ただの道路のポール差しなんですが
「ひょっとこ」に見えませんか。
面白いのでカメラに納めました。

見積もりバナー 問い合わせバナー