刺繍は何故均一にならないのか。

刺繍は何故均一にならないのか。

今、文字高が3ミリの英文字を縫う
ワッペン刺繍を作っております。
極小の刺繍になると、均一な刺繍というのは大変難しくなってきます。
その原因としては、布を拡大してみると凸凹としています。
ミシン針が布目のどこに落ちたかという事でも違ってきます。
折り目深くに針が落ちれば糸の喰い込みも深くなり、
結果見える刺繍が細くなります。
折り目の浅いところに落ちれば
布幅をしっかりつかんでいるので
刺繍が太くなります。
その他の原因としては
刺繍枠を張る時の力加減によっても違ってきます。
一般に大きな刺繍枠を使用した場合
枠の外側は布地への圧力の負荷が大きくなり
布地の張りが強くなります。
中側になれば弱くなります。
要するに太鼓の革張りと同じです。
太鼓を叩くと外側と中側では音色が違いますよね。
よって、外側と中側でも厳密にいうと違うのです。
最後の要因としては糸になります。
糸も拡大してみると一定の幅にはなっていません。
細かな繊維を集めて依っているので
その依り方によっても違ってきます。
そして細かくいうと、お天気によっても糸は違います。
雨の日は糸が湿気を多く含むので
糸が緩んで糸が切れ易くなります。
もともとレーヨン糸は木材から生まれていますので
自然の変化によって姿を変えてしまう事があります。
わたしはよく刺繍は生きていると、話しています。
ただ、均一にならない、表情を変える刺繍も
豊かな刺繍にはなりますが
ロゴのような決まったデザインの物を変える事は出来ません。
そこでこういった様々な原因をつかんで
いかに均一の刺繍をするかというのは
最大の課題です。
そこは企業秘密になるところです。

見積もりバナー 問い合わせバナー