刺繍は何故均一にならないのか。

刺繍は何故均一にならないのか。

今、文字高が3ミリの英文字を縫う
ワッペンの型を作っておりますが
小さい刺繍になればなる程、
どれも均一な刺繍というのは大変難しくなってきます。
原因のひとつとして、布が関係しています。
表面上はまっさらに見えても、
縦糸横糸で編み込まれているので凹凸があります。
なのでミシンの針が、布の目のどこに落ちたかという事でも違ってきます。
折り目深くに、針が落ちれば糸の喰い込みも深くなり、
その結果、見える刺繍糸が細くなります。
折り目の浅いところに落ちれば
布幅をしっかりつかんでいるので
刺繍が太くなります。
その他の原因としては
刺繍枠を張る時の力加減や速度によっても違います。
張りが強いと刺繍枠を解いた時に
布の緩みが大きくなるので
刺繍も間延びをします。
枠を刺繍位置から外側へ寄せるか、内側に寄せるかという事でも違います。
中側になれば張りが弱くなり、外側になれば張りが強くなります。
解りやすい例でいうと、太鼓の革張りと同じです。
太鼓を叩くと外側と中側では音色が違います。
そして、その他の原因としては糸が関係します。
糸も拡大してみると一定の太さにはなっていません。
レーヨン糸は細かな繊維を集めて依っているので
依り具合によっても違ってきますし
お天気によっても変わります。
もともとレーヨン糸は木材から生まれていますので
自然の変化によって姿が変わるのです。
雨の日は糸が湿気を多く含むので、糸が切れ易くなる事があります。
目視ではわかりませんが、微妙に糸の太さも違っています。
この様に均一にならない、様々な原因がありますが
ひとつひとつ表情を変えるのも
愛嬌のある刺繍の特徴だと言えます。
ただ、ロゴのような決まったデザインは均一に仕上げなければいけません。
ロゴはいかに均一の刺繍を作り出すかというのは最大の課題になります。

見積もりバナー 問い合わせバナー