布地について

布地について

布地の特性を知っておくという事は大事な事だ。
今はヒートテックに代表される様に
新素材に対しても刺繍をしなければならない。
ほんとうはヒートテックの様な薄い布地に対しては
平坦なプリントが一番相性がいいが
一枚一枚違ったネームや番号を記すとなると
プリントでは対応しきれない。
そういう場合は刺繍は小回りもきき
時間もコストも掛からない。
ヒートテックが出た当時は
刺繍の密度がわからなくて
刺繍が縮んでしまったりして、試行錯誤を繰り返した。
今は悩む事もない。
ヒートテックは刺繍枠をはめるのも難しい。
出始めの当初は丸い刺繍枠を
人の手が押して、はめるのが一般的だったが、
中枠と外枠の間の布に、
両側から圧が加わると摩擦を起こし
服に穴を空けてしまった事があった。
一枚3万円もするヒートテック製のジャンパーを
3枚も穴を空けて弁償をした事がある。
今はマグネットやエアークランプ枠など
そういった事に負荷が掛からない
アタッチメントが出来たので安心して行えるようになった。
ただ、そういったアタッチメントを十人が使用したとしても刺繍には差がでる。
ヒートテックの編み込み糸の十倍以上ある刺繍糸は力関係が強すぎる。
シーソーと同じで力関係を同じにしてやらなければバランスが取れない
ヒートテックだけで無く、シルクの布地は柔らかすぎるので
繊細な扱いが必要になってくる。
そこをどうするのかというのは
教えて学べるものでもない。
大げさに言うと布の気持ちになったり
糸側の気持ちになったりして感じる事だ。
枠をはめる指先の感覚も
相手布の特徴を知り尽くして指先が勝手に加減する。
スピードであったり、圧力であったり、布の向きであったり
布の端なのか、真ん中に刺繍を入れるのかによっても
圧力の加減や枠のどこの場所を押さえればよいか。
手の面積も多く取るのか軽く取るのかにも違いが出る。
これは口では伝える事ができない素養だ。
自分で考えて導き出すのが答えなのだと思う。

見積もりバナー 問い合わせバナー