色によって違う型の取り方について

色によって違う型の取り方について

型を作る時、下地になる素材や色、刺繍する糸により
糸の密度や幅の取り方、大きさは変わってきます。
写真の様に黒地の書体も白地の書体も
同じ大きさで刺繍していますが
幅や大きさが違って見えます。
布地と糸が反対色の場合
下地の色が透けてしまうので
糸と糸の隙間が見えやすくなり
通常よりも糸の密度を濃くしたり、
ランニングステッチを多目に入れたりして調整いたします。
黒地に暗めの糸を合わせる場合は
糸をより強調しないと目立たなくなってしまいますので
振り幅を多く出します。
白糸は膨張色なので、振り幅は控えめにします。
一列で糸を2色以上使用する場合なども
糸の密度や振り幅を調整すると
文字の並びが違和感なく、綺麗に見えます。
ひと手間を掛ける事が、綺麗に見せるポイントになります。
この様に細かく調整をしておりますが
刺繍するアイテムが変わったり
色が変わったりすると
型を直さなくてはならなくなります。
冬はネイビーのシャツが夏場は薄めの色になったり
最初はポロシャツに入れていたものが
冬場はセーターに変わったりと
季節の変化でアイテムが変わる事はよくある事です。
都度都度で微調整はいたしておりますが
やはり、一番最初に作った型というのは
色や素材にベストな状態で合わせているので
最上の物ができるという訳です。
_
***********************************
ー年末年始ー
年内は28日(月)まで
年始は4日(月)より営業

見積もりバナー 問い合わせバナー